Gnome

A Gnome is a person who performs small edits on a wiki to continually improve its overall quality (also often known as a Gardener). Gnomes are important to the success of a wiki because their edits increase the value of everyone else’s content, such as:

  • Cosmetic editing to keep the wiki from being overrun with “weeds” (typos, misspellings, poorly structured sentences and paragraphs)
  • Add or fix links to make sure relevant content is navigable within the wiki
  • Improve the flow and clarity of content improve the readability of the page
  • Setting an example for other users of how and when to use the wiki

Usage

Gnomes tend to be self-selecting. They’re people who care about attention to detail, are offended by messiness and will make the small edits that are required to continually improve the quality of your wiki. So if you can’t select them, how do you increase gnome-like behaviour?

  • When you see someone making a small, cosmetic improvement edit – encourage them.
  • If someone emails you to tell you about a small mistake – show them how to fix it themselves.
  • Make sure that your wiki makes it obvious how to edit a page.
  • Ensure that your people understand there are no barriers to anyone editing (improving) any page. (exemplified by wikipedia’s “Be Bold” mantra)
  • They are the opposite of WikiTrolls, who generally try to get a reaction from the community by posting strongly controversial content or doing disruptive things, like deleting someone else’s edits. This rarely happens in environments where users are not anonymous and are associated with their edits.

Example

Let’s say you’re the Champion in your organization and someone from one of the groups you’ve introduced to the wiki asks:

“Our wiki is used frequently. After a while it gets disorganized and needs a big cleanup – how can I improve this?”

Suggest that team members spend one regular session (perhaps once a week) acting as WikiGnomes. It might also be useful for the group to look for a volunteer willing to act as a sort of head WikiGnome or Maintainer who ensures that pages are up to par.

Related Patterns

  • Champion – the Gnome can be a Champion, but most often they are separate roles. Champions bring wikis into an organization; Gnomes help improve it once it’s in.
  • Troll (anti-pattern) – Trolls are destructive while Gnomes are constructive.



の小人(Gnome)は総合的な品質を絶えず向上させるための小さな編集をwikiに実行する人です (の小人はしばしばWikiの庭師としても知られています)。 彼らの編集は他のみんなのコンテンツの価値を高めてくれるので、Wikiの小人はWikiの成功にとって重要です。例えば:

  • 体裁を整える編集によってwikiを「雑草」(タイポ、綴りの間違い、文と段落の構造化が不十分)がはびこることから守ります。
  • リンクの追加や修正をし、wiki内で確実に関連コンテントにナビゲートできるようにします。
  • 内容の流れと明快さを改善し、文章の読みやすさを改善します。
  • 例を設置することで、他のユーザーにいつ、どのようにwikiを使うべきかを示します。

使い方

Wikiの小人には自分で選択してなる傾向があります。彼らは細部への心遣いを大事だと思い、乱雑さに気分を害しており、継続的にwikiの品質を高めるのに必要な小さな編集を行おうとする人たちです。 ではもし彼らを見つけ出すことができなければ、どうやって小人さん的な振舞いを増やせるでしょうか?

  • 誰かが小さな、体裁を良くする編集をしているのを見かけた時は – 彼らを後押しします。
  • 誰かがあなたの小さな間違いについてemailで教えてくれたら – 彼ら自身で直す方法を見せます。
  • あなたのwiki上で、ページの編集方法が明白になっているか、確かめます。
  • あなたの周りの人たちに、だれがどのページを編集(追記)することにもバリアはないと確実に理解させます。(Wikipediaでは「大胆であれ(Be Bold)」というマントラで示されています)

彼らは、Wikiのトロル(巨人)とは正反対です。Wikiのトロルは、一般に強い物議を醸すようなコンテントを投稿したり破壊的なこと、例えば誰かの編集を削除するといったことを行ってコミュニティからの反応を得ようとします。これは、ユーザーが匿名ではなく、ユーザーと彼らの編集が関連付けられている環境ではめったに起こりません。

もしあなたが組織の中のチャンピオンで、あなたがwikiを紹介したグループの一つの誰かから尋ねられたとします:

「私たちのwikiは頻繁に利用されています。しばらくして、これは散らかった状態になってきて、大がかりなクリーンアップを必要としています – どうやってこれを改善すればよいでしょう?」

チームメンバーが定例会(おそらく週に一回)の一つをWikiの小人として作業するのに充てるよう提案します。各ページが水準に達していることを確実にする、Wikiの小人あるいはメンテナーのヘッドを務める意思のあるボランティアを探すのも、グループの役に立つかもしれません。

関連するパターン

  • チャンピオン – wikiの小人はチャンピオンでもありうるでしょう。しかしほとんどの場合彼らの役割は分かれています。チャンピオンはwikiを体系化された状態に移行させ、小人は一度そうなってからの改善を助けます。
  • のトロル (アンチパターン) – Wikiの小人は建設的ですが、Wikiのトロルは破壊的です。