Patron

A high-ranking person in your organization who supports a technology adoption project and, by doing so, confers a degree of legitimacy that can increase the likelihood of success.

Usage

Occasionally a senior figure in an organization initiates a wiki project. More often, the initiative comes from below, but the support of a senior figure is sought. By letting it be known that they support the project, a Patron gives permission for others to be involved and for resources to be allocated to the project. A Patron is particularly important in a corporate environment, where control of IT resources and competition between organizational units may otherwise discourage participation.

Example

An employee who already knows the CEO explains the benefits of a wiki, and perhaps demonstrates a working system within the organization. The CEO agrees with the idea and encourages the employee to continue. The CEO becomes a Patron by “giving the nod” to the initiative. The CEO may have no further involvement apart from allowing it to become known that they support the use of a wiki. The initiating employee can encourage other people to become involved by explaining that the CEO thinks it is a good idea.

Related Patterns

  • Champion – Whereas a Patron/Sponsor simply approves of the Wiki, the Champion energetically drives the implementation and adoption processes.



Wikiを支持する高位の後援者を持つことで、成功の見通しを高めうるだけのレベルの権威が提供されます。

使い方

時には、組織内の高位の人物がwikiプロジェクトを開始します。より多くの場合には、取り組みは下部から生まれますが、高位の人物のサポートが求められます。後援者は、彼らがプロジェクトを支持していることを知らしめることで、他者を巻き込み、リソースがこのプロジェクトに割り当てられることへの承認を与えます。 パトロンは、ITリソースのコントロールと組織のユニット間での競争がある面で参加に水を差しかねない企業の環境では、特に重要です。

CEO(最高経営責任者)とすでに面識のある従業員は、Wikiのもたらす利益について説明し、おそらく組織内で稼動しているシステムのデモンストレーションをします。CEOはこのアイデアに同意し、この従業員に継続するよう促します。CEOは「同意を与える」ことで取り組みへの後援者になります。CEOはwikiの使用を支持していると知られることを許す以上の関わりはまったく持とうとしないかもしれません。最初の従業員は、CEOがこれを良いアイデアだと考えていると説明することで、他の人々に参加を奨励することができます。

Related Patterns

  • チャンピオン – 後援者/スポンサーは単にwikiに賛成しますが、チャンピオンはエネルギッシュにこの実現と導入のプロセスを推進します。