Invitation

Invite people to use a wiki. It’s a good way to guide their first interaction with it. Early adopters are by nature eager to try new tools, but most people don’t for a variety of reasons. Some are risk-averse, others prefer training at the start of using something new, and others are simply too busy. An invitation creates an opportunity to dedicate time to trying the wiki, and gives people reassurance that someone knowledgeable is there to help them get started.

Usage

When you invite people, you could:

  • Include an offer of brief, informal training. Whether you’re meeting one-to-one or with a team, a brief training session is a good way to introduce the wiki, discuss how it can meet peoples’ needs. With a team.
  • Specify briefly what is needed in the wiki, and which valuable information can the newcomer add or modify better than you, if that is the case.

Examples

Wikipedia: Larry Sanger, co-founder, asks the firsts subscribers of the Wikipedia-1 list to have a look at the “How to edit a page” page. KDE Project’s mailing list archives.

Related Patterns

  • BarnRaising – Since modifying initial content can be more easily done by early adopters of a wiki than facing a blank page, and also a better way to learn how to edit (like when editing in a sandbox)
  • Scaffold – Give people a place to start by “framing” the content that should be added to a new page.



最も簡単なパターンの1つで、単純にWikiで情報をやり取りするためにユーザを招待します。Wikiの利用へ人々を招待することは、これを使った彼らの初めてのやり取りをガイドする良い方法です。アーリーアダプター(早い段階から新製品を使い始める人々)は、もとから新しいツールを試したがっていますが、しかし大部分の人々は様々な理由からそうはしません。一部の人たちはリスクを避けるためで、別の人たちは新しい何かを使うときにはトレーニングがあることを好み、残りは単に忙しいためです。招待は、Wikiを試すことに時間をささげる機会を作り、そして人々に、だれか詳しい人がそこにいて彼らが使い始めるのを助けてくれるのだという安心感を与えます。

使い方

あなたは人々を招待する時に、次のようなことを行えます。

短い、堅苦しくないトレーニングの提案を含めます。あなたが1対1で会うにせよチームと共にであるにせよ、短いトレーニングセッションはこのWikiを案内し、これがどのように人々のニーズを満たすことができるかについて話し合う良い方法です。
何がwikiで必要か、そして可能であれば、この新規利用者があなたより加筆修正するのに適している価値ある情報について、簡潔に示します。

ウィキペディア:ラリーサンガー(ウィキペディア共同創設者)は、Wikipedia加入者に対して「ページを編集する方法」ページを見ることを求めています。[KDEプロジェクトのメーリングリストアーカイブ]