Scaffold

Give people a place to start by “framing” the content that should be added to a new page. People often respond better to a page with a template than one that’s completely empty. Flemming Funch writes “there is a basic need for “scaffolding” to hold the conceptual and organizational elements in place, especially during the early phases of “imaginative, interdisciplinary” interconnection. It may be argued that it is the lack of this scaffolding feature which prevents many potentially useful initiatives from “getting off the ground” – and staying up.”

Usage

Anytime you’re adding something new, make a quick scaffold for people to collaboratively build content. It’s best to use as little structure as necessary. Whereas an empty page can deter people, an overly structured page can seem like the author already knows what s/he wants and doesn’t need any help. A simple set of headings is often enough for people to see how information should be organized and “what goes where.”

Example

Instead of emailing an agenda for your next meeting (and handling the resulting burden of revising it based on people’s replies), send them a link to the agenda on a wiki page, and use a scaffold to prompt them to contribute the necessary information. This scaffold provides a basis for people to collaboratively assemble the agenda, and record decisions & action taken as a result of the meeting:

Date:
Agenda:

  • Item name, directly responsible individual
    • Description of item to be considered
    • (add decision & action for this item here)
  • Item name, directly responsible individual
    • Description of item to be considered
    • (add decision & action for this item here)
  • Item name, directly responsible individual
    • Description of item to be considered
    • (add decision & action for this item here)

Related Patterns

  • BlankPage – this is an anti-pattern in which having too many empty pages discourages participation on the wiki because people aren’t sure where to start.
  • Magnet – a pattern in which content is exclusively available on the wiki so people get in the habit of looking at the wiki regularly. Scaffold can be combined with Magnet so people are guided in what to add to wiki pages.



雛形パターンは、最終的に人々にページを機能させるべき内容の「骨組み」から開始するための場を与えることが必要です。大抵、人々は完全に空のページより、テンプレート付ページの方により反応します。フレミング・フェンチは、「”雛形”に対する基本的要求は、特に想像力に富んで異なった学問分野にまたがった相互連結のフェーズでは、概念的かつ組織的な要素を適当な状態に保つこと。雛形機能の欠如は多くの潜在的に役に立つ主導権が「順調にスタートする」のを防ぐと主張されるかもしれません。」 と記述しています。

使い方

あなたがwikiに何か新しいものを追加する時はいつでも、人々が協力してコンテンツを作るために雛形を作成します。それは手の込んである必要はありません。事実、必要に応じた最低限の構造を使用することはwikiにとって最適です。空ページが人々を阻むと同時に、過剰に複雑なページは既に著者がしたいことを知り、助けと必要としないように見えます。

単純な見出しのセットは、人々が 情報がどのように体系化され「何をどこにやるか」を理解させるのに充分です。

あなたがwiki上で会議のアジェンダを発信する際、以下のようなテンプレートを利用する。

会議
日付:
アジェンダ:

  • 項目名、オーナ - 議論される項目の説明
    (この項目に対する議事録を追加)
  • 項目名、オーナ - 議論される項目の説明
    (この項目に対する議事録を追加)

関連するパターン

  • 空ページ – 沢山の空ページは、人々がどこから着手すればよいか分からないのでアンチパターンです。
  • マグネット – 内にしかない魅力的なコンテンツ
    人々が定期的にwikiを見る習慣をもつようになるためのパターン。人々が何をwikiページに加えるべきかについて案内されるように、足場はWiki内にしかない魅力的なコンテンツと結合されます。